京都・滋賀で80年 1級葬祭ディレクター90名在籍

お悔やみの言葉は何と言えばよいのでしょうか?

「このたびは誠にご愁傷さまでございます」「心からお悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りいたします」が、オーソドックスなお悔やみの言葉になります。この後にご自身の言葉を加えてもいいでしょう。ただし、不幸を連想させる「つらい」「苦しむ」といった言葉や、「重ね重ね」等の重ね言葉はお悔やみに使わないようにしましょう。


  •  お電話でのお問い合わせ

  • パソコン・スマホで対面相談

  • 無料相談・見積を承ります

  • 詳しい資料をお送りします